ダイエットに必要な新しい視点

おはようございます。
姿勢を良くする専門家
喜ぶに多いと書いて
姿勢調整師の喜多 英です。
(きた ひで)

 

 

前回は
「バランスの悪いこども」
について記載しました。

 

今回は「ダイエット」について

書こうと思います。

 

「ダイエット」

したことがないと言うと
批判を浴びそうなぐらい一般的ですね。笑

「ダイエット」というと
痩せることと理解されていますが
本来の意味は食事制限のことですね。

現在はライ◯ップをはじめとして
価格が低いことを売りとしている
プライベートジムなども増えましたね。

今日お伝えしたいことはただこの1点です。

「継続できる内容か?」

どんな方法でも痩せていくことはできます。

ポイントは

痩せる方法×意志の強さ=結果

例として痩せる方法とは
夜ご飯を食べないなどという極端なこともできます。

朝や昼、間食が今までと同じである限り
摂取カロリーは大幅に減っていきますので
1日に1000Calぐらいのペースで
減らしていくとすると
1キロ約7000Calとすると
1週間で1kg。
2ヶ月続けると8kg痩せている計算です。
※あくまで計算上のことで本来は体重減少により
基礎代謝の低下などで同じペースでは痩せなく
なることが多いです。

 

ここで必要になってくるのが意志の力です。
女性の1日あたりの摂取カロリーを
約2000Calと仮定した場合
約半分になる計算です。

今まで大盛りでラーメン食べてた人が
ミニラーメンになる感じです。

まぁほぼ不可能に近いと感じています。
だからダイエットは難しいと言われるのでしょう。

 

その崩れかかる意志の力を支える方法が
⑴高額の費用
⑵トレーニングの義務化
⑶食事内容、体重の報告義務化

の3つです。

「あれだけお金を払ったんだから」
「トレーニングに行かないと注意される」
「報告をする約束をしている」

まぁやらなきゃいけない状況に
自分を追い込むことにはなりますよね。

ただ最初にお伝えしている通り
一番大切なことは痩せることではありません。

痩せて手に入れた理想の体型を
維持することではないでしょうか?

そのために
「継続できる内容か?」

その視点が大切になってくると思います。

極端に糖質制限をした生活を
ずっと続けるつもりならいいですが・・・

まぁ普通のケーキやドーナツ
パスタやパンなどの外食は
かなり制限されることになります。

その話はまた機会があればお伝えしたいと思います。

自分の体を作るのは
たまのご褒美に食べる「身体に優しい」ものではなく
毎日何気なく食べる「普通のもの」です。

大きな効果がある。
ということは
身体が大きく変化する。
ということ。

身体が変化するには時間がかかります。
身体も心も急には変われません。

自分の人生で急ハンドルばかり切ることが
ないように毎日ほんの小さな積み重ねを
自分のためにしていく手助けになれれば
と強く思っています。

未熟ながら・・・

ブログの転載  May 16, 2016