お休みでもお客さまからご予約いただける理由

ええようにいうとタイトルになります。笑

悪いようにいうとただ予約取るのヘタクソ。笑

 

本日水曜お休みですが事情がありお客様にお越し頂きました。

検査や施術、生活習慣のアドバイスが終わった後に

お客さまが言われた一言です。

 

「先生のとこ(KCSセンター)は

最後(多くの治療院での治療を受けたが改善まで至らない人が)に

くる(ご来店)っていうのがわかった!!」

 

と言われました。

また

 

「最初、なにしてるかよくわからなかった」

「もっと揉まへんと治らへんのちゃう?」

「看板小さすぎて通り過ぎてもたわ」

とも。。。笑

 

改めて・・・・そうですよね。

私自身、リラクゼーションサロンでのスタッフ経験があり

力強いマッサージやあんま食いのおばちゃん(筋肉ゴリゴリのこりのひどい方)

に喜んでもらおうと必死にしていた時期があり、今があります。

 

ゴリゴリの筋肉に力で対応しても長続きしないこと。

一時しのぎのために5000円以上の施術料を頂くのは本意ではないこと。

長年続けたときに効果がなくなるばかりか悪化してしまうこと。

 

そうした体験から現在の

こりや痛みの原因となる姿勢の歪みから改善できないか?

と思いました。

痛みやこりを軽減することにお金を使うのではなく

痛みやこりが発生しない体づくりの習慣のためにお金を使ってもらおう。

そう決めて日々お客さまと接しています。

 

姿勢が良くなることで

内臓の働きや呼吸機能に差がでることもわかってきています。

普段、使っていない部分をおもいっきり使えるようになるからこそ

普段とは違う姿勢になり

普段とは違う体の状態になります。

普段とは違う表情やびっくりするような話をしてくださる方も多いですね。

 

80年以上使い続ける体だからこそ

大切に扱うことはもちろんですが

自分自身のことを大切だと思ってもらえるように

今後もセラピストとして関わっていきます!!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。