嬉しかったこと(特発性側湾症)

〜姿勢を変えれば人生が変わる!〜

姫路市を姿勢の良い地域No. 1へ

姫路市全幼稚園・小中学校で

こどものための姿勢教室を実現!

現在86校開催中!

姿勢調整師の喜多 英です。

(きた ひで)

今日お店はおやすみでしたが

嬉しい出来事がありました。

 

 

7月16日開催の講演会を

受講された親子さんが

姿勢画像分析をすることになりました。

 

 

なぜそれが嬉しいのかというと

学校で行われる運動器検診で異常が発見

されたのですが

具体的に何をしたら???

と迷っている親子が一歩踏み出してくれました。

 

特発性側湾症については

大きな問題でありますが未だ原因が特定できず、

(特発性とつく病名は原因が特定できず)

改善方法も特発性側湾症が進行した場合の

装具装着と手術による治療が一般的です。

 

男女比として男2:女8ともいわれ

特発性側湾症は女の子に多く

装具の装着などは決して楽ではありません。

 

私たち遺伝性の原因を解消することは

できません。

ですが筋骨格を中心として

姿勢を専門的に観察するために

姿勢科学の大学カリキュラムを修了しています。

ディプロマプログラム・日本語別科

足の異常として「浮き指」や外反母趾、

腰痛人口は2800万人、

4人に1人が腰痛で悩んでいる

という身体の異常。

 

これは整形外科等で見る

形の異常だけで片付けられないだけでなく

心の病、「こころの悲鳴」として

片付けてしまうものでもないと

個人的に私は心底思います。

 

形がおかしいのではなく

本来あるべき位置になかったり

上手く身体を使えていないためや

姿勢が悪いために起きている場合が

多くあると思っています。

そうした意味で整形外科医でもなく

Dr.ですらない私のところにきて

姿勢の検査をしてくれる親子に

感謝して、「検査をして良かった!」

と言ってもらえるようにします。

 

ありがとうございます。

 

〜姿勢を変えれば人生が変わる!〜

姫路市を姿勢の良い地域No. 1へ

姫路市全幼稚園・小中学校で

こどものための姿勢教室を実現!

現在86校開催中!

姿勢調整師の喜多 英

(きた ひで)