家族を大切にしていないと感じたこと

4月29日〜5月5日までGWでお休みです。
今日は昨日お客様から聞いた命の話。

こんにちは。
姿勢を良くする専門家「姿勢科学士」
喜多 英です。

命を大切にするとは何か?

昨日あるお客様から聞いた話で、印象に残ったので調べてみました。
故日野原重明医師のお話だそうで

命とは時間だと思う。

1日の中で何に時間を使っているのか?
考えてみました。

その中で自分のための時間が多いことに気がつきました。
大切にするという言葉をいうことは容易いことですが、ほんとうに大切にするとは、自分の時間=人生を使うことなのかもしれません。


家族と一緒にいる時間が少なかったのもあり、少し反省したところです。

ほんとうに大切な人と時間を過ごしているのか?

嫌だと言いながら、仕事をしていたり。
一緒にいるのに、違うことをしていて上の空だったりします。

昨日もまさに隣にいるのに今更、海外ドラマのメンタリストに夢中でした。笑


自分の人生をより良いものにしようと思った時に、誰と一緒にいるのか?
というのは大きな要素だと思います。


好きな人と一緒にいれる時間を作っていこうと思います。
これは家族だけでなく、仕事にも当てはまると考えています。

ただお金になるということではなく、私自身が本気で応援したいと感じている時がもっとも良い成果が出ているように思います。


まぁそれだけ調べてるわけでしょうね。
本気というのは一つのキーワードですね。

不調で悩む人をなくしたい。

私のような手技療法の治療院にはこんな方がよく来られます。

病院では異常はありませんでした。

しかし不調を感じています。

つまり病気ではないが、健康ではない。
いわゆる未病の状態ですね。


そんな方の手助けを本気でできれば嬉しいです。
そして何より、カラダの仕組みに気づくことが何よりも楽しいですしやりがいがあります。


お客さんのおかげで新しいことを学ぶことができます。
嬉しいですね。



今日は特にカラダに関するテーマではなく、自分の考えていることを書いてみました。
こんなだらだらに最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


姿勢を良くする専門家「姿勢科学士」喜多 英