だれでもできる成功するための行動のコツとは?

昨日、私の所属する組合である事件が起きました。
10年ほどは関わっていますが初めてのことでした。

挙手が止まらない総会

結論から言って運営する側としては嬉しくない総会でした。
しかし、良いものを作り出そうという意思を感じました。

中小企業の集まりではどこも

  • 人材

  • 物資

  • お金

は満足にあることはありませんから当然といえば当然です。

しかし当組合ではここ5年ほどは特に大きな議論になることはなかったのです。
要するに、問題がなかったのではなく、問題と向き合っていなかったわけですね。

やるべきことをすぐすること

今回の総会で感じたのは「気づいたら、すぐする」ということ。
やるべきだとわかっていながらやらないで先送りにしていることがあります。


私が勉強している経営者の勉強会「倫理法人会」でも
同じことを言われていました。


勉強し始めて3年経ってやっと実生活や実業で学んだことを思い出せるようになりました。

「やろう!」
と思ったことをすぐやること。

「やめよう!」
と思ったことをすぐやめること。

この2つのバランスを取ることが大切で、特に「やめよう!」の方が決断力が入りますね。
ほんと、勉強になりますね。

大切なのは問題と向き合うこと

これに尽きます。
問題としっかり向き合って、真剣に考えること、行動に移すこと。
課題はアウトプットですねー。
頑張ります。


姿勢を良くする専門家「姿勢科学士」
喜多 英