姿勢を科学的に分析するシステム

姿勢分析検査

姿勢分析検査は、カナダのバイオトニックス社が開発した画期的なテクノロジーで姿勢を分析し、個々のお客様に合ったエクササイズプログラムをお勧めする生体力学に基づいた検査システムです。希望されるお客様の体に解剖学上で指定された場所に特殊なシールでマーキングし、身体の前面・側面・背面のデジタル画像を撮影し、姿勢をバイオメカニカルな視点から査定し、様々なカイロプリントレポートを作成します。

  1. 姿勢のゆがみを特定し、数値化する
  2. 重心投射位置を計算する
  3. お客様の体に合った10週間のエクササイズプログラムを提案する
  4. 矯正前と矯正後の比較レポートを作成することにより、お客様の姿勢改善の経過をフォローする

※「姿勢画像検査」は、バイオトニックス社のオリジナルシステムである「バイオプリントシステム」を基に開発されたシステムであり、カナダのバイオトニックス社と日本企業の株式会社ネットがKCSセンターにおいて使用することを条件に独占的使用契約を結んでいる商品です。 ※姿勢画像検査システムは姿勢を直接矯正するシステムではありません。 姿勢画像検査 は次の2つの政府機関から承認を受けています。 ◆FDA(アメリカ合衆国連邦政府健康福祉省) ◆カナダ連邦保健省 特許申請中(マーカー・プロセス・技術) アメリカ・カナダ・特許協力条約締結国(PTC;100カ国以上)

撮影プロセス

まず解剖学上指定された各場所に32枚の特殊なシールマーカーを貼っていきます。 次にバックドロップと呼ばれる特殊なシートの前で「側面」・「側面で腕を曲げた状態」・「前面」・「背面」をそれぞれ撮影していきます。 あとはレポートの完成を待つのみとなります。 サンプルレポートPDF

科学的検証

大学の教育機関は、BIOTONIX社のリサーチと開発プロジェクトの発展において、 中心的な役割を果たしています。 →大学でのリサーチ

ピッツバーグ大学 医学部 (アメリカ) ◆身体の整合性とゴルフ
スタンフォード大学 (アメリカ) ◆姿勢とスポーツパフォーマンス
ベイラー大学 (アメリカ) ◆姿勢と骨粗しょう症
ダルハウジー大学 (カナダ) ◆エクササイズの効き目
マギル大学 (カナダ) ◆信頼性・妥当性の検討
クィーンズ大学 (アメリカ) ◆姿勢と妊娠
パーカー カレッジ オブ カイロプラクティック (アメリカ) ◆教育カリキュラムに導入 ◆インターンクリニックにおいて 姿勢評価ツールとして採用
ケベック大学 トロワリビエール校 (カナダ) ◆教育カリキュラムに導入 ◆バイオメカニクスの実験室にて活用 ◆アジア人と北米人の姿勢分析の比較 (KCSとの共同研究)PDF(1MB)
モントリオール大学 (カナダ) ◆信憑性・妥当性の検討 ◆スポーツパフォーマンスにおけるリサーチ ◆多用な学問分野による臨床と研修の場での活用