ダイエット中盤戦。中盤以降のペースダウンを防ぐ継続の工夫とは。

みなさんこんにちは。

姿勢を良くする専門家

「姿勢科学士®️」喜多 英です。

 

9月も中盤に差し掛かり、ダイエット期間も終わりが見えてきました。

さぁ目標として75~76㎏になっているのか?

 

ダイエット中盤に大切なのは手軽さ

ダイエット初期においては、

「よし!やろう!」

という意志の力も必要だと思います。

 

しかし、ダイエット中期になると当初の意志の力が衰え始めてきます。

途中、辛くなってくるとなぜダイエットを始めたのか?ということさえ疑問を持ちます。笑

 

そんな時に大切なのが手軽さです。

要は手数を減らすということが効果的です。

 

野菜は常備。筋トレも時間も減らす。

私のダイエットの場合3つのやることを決めました。

  1. 朝と晩に体重を測る。
  2. 野菜と果物を毎日決められた量食べる。
  3. 筋トレを週に2~3回する。

小さな工夫ですが、この3つをする中で意識していることがあります。

 

①体重を測る

これは個人差あると思うのですが、私は体重測る時はほぼ服着てない状態で測りたいです。

だって服の重さが毎回違うと誤差が出るように感じて嫌なんです。

今続いてるのは

  1. 朝起きたらトイレに行く。
  2. 服を抜いで体重を測る。
  3. そのまま着替える。
  4. アプリで記録。

これだと意外と続いてます。

 

②野菜と果物を食べる

一番難しいのがこれで、今までにも何度も失敗してます。

その理由は野菜を買い忘れていること。

 

これはダイエット期間だけ少しもったいないことしてもいいやと割り切ってます。

多めに買うということです。

レタスなどサラダ系のものは傷みやすいので、念のためキャベツや玉ねぎ、ニンジンなどの野菜炒め系を常備することで、野菜を食べれないということをなくしています。

 

③筋トレをする

運動した後はスッキリします。

しかしやり始めるまでが長いんです。嫌なんです。

だから極力手間を減らしています。

 

時間も30分以内、筋トレの種類も3種類、10回×3セットで終わり。

重りを変えるのも最小限。

 

自分に合うやり方は試さないと見つからない。

参考までに私のやっている方法をお伝えしました。

「よく自分にあったものを」

とか言われますがまず何が自分に合うかわからない。笑

「これが合うと思います。」

とか勧められたものでも合ってないと自分が感じる場合もあります。笑

 

なのであくまで服の試着と一緒!

着てみてやってみてあかんかったらやめる。

そのスタンスでいきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

姿勢を良くする専門家「姿勢科学士®️」喜多 英

姿勢を良くする姿勢調整施術

姿勢調整とは?
施術料金・スタッフ紹介はこちら
現在のお得なクーポンはこちら

姿勢と関係のある不調

姿勢改善・姿勢矯正・姿勢調整・頭痛・ストレートネック・不良姿勢・肩こり、肩の痛み・背中の痛み・肋間神経痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・仙腸関節痛・ヒップアップ・膝の痛み・半月板の痛み・ランナー膝・鵞足炎・オスグット・シンスプリント・スネの痛み・しゃがめない・足首が硬い・扁平足・外反母趾・浮き指・モートン指など

姿勢の専門教育(大学教育)を修了している姿勢科学士・姿勢調整師にご相談ください。

姿勢の良くなる講演会・講座

幼稚園・小中学校・企業・サークル等
各団体での姿勢講座はこちら

姿勢科学にご興味のある方へ

3分で読めるA4PDF
姿勢科学・姿勢検定ってなに?
働きながら学べる最先端の予防医学
姿勢科学ディプロマコース(2年制)(大阪観光大学)はこちら
姿勢を良くする手技療法の専門家
全国姿勢調整師会のHPはこちら
いつもの習慣があなたを壊す 姿勢の知識をチェック
今だけ姿勢検定5級無料WEB受験!!詳しくはこちら