治療って本当に必要?治療に頼らない「予防法のススメ」

みなさんこんにちは。

姿勢を良くする専門家

「姿勢科学士®️」喜多 英です。

3人いると賑やかですよね!笑

体を健康に保つ上での秘策はまさに今回のことです。

 

治療って本当に必要?治療に頼らない「予防法のススメ」です。

 

健康のためのより良い生活習慣を実践すること

ポイントは生活習慣の改善です。

が、最も大切なポイントは

何のためなのか?

ということ。

健康のためならば健康になっていく内容でないといけません。

その上で、無理なく続けられるレベルが理想です。

 

では改善するべき生活習慣とは何なのでしょうか?

WHO(世界保健機構)が提唱している健康の定義として

「健康とは、完全な 肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の
存在しないことではない。
到達しうる最高基準の健康を享有することは、人種、宗教、政治的信念又は経済的若しくは社会的条件の差別
なしに万人の有する基本的権利の一つである」WHOより引用

ポイントとして

  1. 肉体的
  2. 精神的
  3. 社会的

というあたり。

要は

体が元気なこと。

心が豊かなこと。

1人の人間として認められていること。

と私は解釈しています。

 

改善しやすい生活習慣とは?

  1. 食事習慣
  2. 運動習慣
  3. 睡眠習慣

この3つです。

 

ではどのようにこの3つの習慣を改善するのでしょうか?

私はこの3つを行う上で、健康知識が必要だと考えています。

 

だって考えてみてください。

痛みに苦しんでいる人も原因がわかれば改善することができるわけです。

でも原因がわからないからずっと痛みを抱えたり、原因のわかっているであろう専門家に頼るわけです。

 

一般の人が最も必要な基礎知識は良い専門家を選べるようにすることです。

良い専門家を選べば、当然ですが自分が払う報酬以上の成果を上げてくれます。

それがプロの仕事です。

 

しかし悪い専門家を選べば、仕事がいい加減だったり、報酬さえ貰えば良かったり、結果被害を被るのはお願いした自分です。

 

以上、長くなりましたので次回は

「わかりやすい良い専門家の選び方」を解説していきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

姿勢を良くする専門家「姿勢科学士®️」喜多 英

姿勢を良くする姿勢調整施術

姿勢調整とは?
施術料金・スタッフ紹介はこちら
現在のお得なクーポンはこちら

姿勢と関係のある不調

姿勢改善・姿勢矯正・姿勢調整・頭痛・ストレートネック・不良姿勢・肩こり、肩の痛み・背中の痛み・肋間神経痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・仙腸関節痛・ヒップアップ・膝の痛み・半月板の痛み・ランナー膝・鵞足炎・オスグット・シンスプリント・スネの痛み・しゃがめない・足首が硬い・扁平足・外反母趾・浮き指・モートン指など

姿勢の専門教育(大学教育)を修了している姿勢科学士・姿勢調整師にご相談ください。

姿勢の良くなる講演会・講座

幼稚園・小中学校・企業・サークル等
各団体での姿勢講座はこちら
企業向けの姿勢講座はこちら
「働く人の姿勢講座」

姿勢科学にご興味のある方へ

3分で読めるA4PDF
姿勢科学・姿勢検定ってなに?
働きながら学べる最先端の予防医学
姿勢科学ディプロマコース(2年制)(大阪観光大学)はこちら
姿勢を良くする手技療法の専門家
全国姿勢調整師会のHPはこちら
いつもの習慣があなたを壊す 姿勢の知識をチェック
今だけ姿勢検定5級無料WEB受験!!詳しくはこちら