痛みが出た時にどこに相談したらいい?腕が良いより適切な専門性。

みなさんこんにちは。

姿勢を良くする専門家

「姿勢科学士®️」喜多 英です。

痛みを感じた時、どこに相談するでしょうか?

その際に「専門」を知っておくと役に立つと思います。

 

治療における専門性

痛みを感じた時、自分ではわからない部分が多いです。

その際に相談をするところが治療院や病院といったところだと思います。

 

しかしそれぞれに得意な分野、苦手な分野といった「専門」があるのをご存知ですか?

名前が違うということは得意としている分野が違うのです。

病院だけでも足や腰などの運動器疾患の場合主な科はこちらです。

  • 病院 整形外科
  • 病院 神経内科
  • 病院 心療内科

また、病院以外として

  • 接骨院・整骨院
  • あんま・マッサージ
  • 鍼灸
  • カイロプラクティック
  • 整体
  • リフレクソロジー

など多くの候補が上がります。

 

最適な治療は最適な専門から

例えばの話として、虫歯になった時は歯医者に行くと思います。

ではこどもの疾患ならば小児科ですよね?

 

「では腰痛になったとしたらどこに行きますか?」

 

実はこれは一致することは稀です。

マッサージに行くという人もいれば、針がいいという人もいます。

電気を当ててもらうという人もいるかもしれません。

また温める温熱治療を選ぶ人もいるでしょう。

 

お伝えしたいのは

腰痛や肩こり、頭痛などの私たちに身近な痛みに対しては、最適な専門がわかりにくいということです。

 

そのため、治る可能性も同時に下がってしまいます。

 

最適な治療を受けようと思ったら、その分野を得意としている、最適な専門が必要なことがお分かりいただけると思います。

 

体を大切に扱えば体は答えてくれる。

こうした各専門性の違いなどについては勉強会などで私の治療院では知ってもらっています。専門を間違えていれば、どんなに腕が良かろうが失敗に終わるからです。

施術を行うとほとんどの方が体が軽くなったと言われますが、あくまでも施術よりも大切なのは体を悪くしないことです。

「勉強」というと多くの人が嫌がりますが、体の仕組みを知ることはすごく面白い上に役立ちます。

体を一緒に長く、快適に使うために自分を知ることも必要だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

姿勢を良くする専門家「姿勢科学士®️」喜多 英

姿勢を良くする姿勢調整施術

姿勢調整とは?
施術料金・スタッフ紹介はこちら
現在のお得なクーポンはこちら

姿勢と関係のある不調

姿勢改善・姿勢矯正・姿勢調整・頭痛・ストレートネック・不良姿勢・肩こり、肩の痛み・背中の痛み・肋間神経痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・仙腸関節痛・ヒップアップ・膝の痛み・半月板の痛み・ランナー膝・鵞足炎・オスグット・シンスプリント・スネの痛み・しゃがめない・足首が硬い・扁平足・外反母趾・浮き指・モートン指など

姿勢の専門教育(大学教育)を修了している姿勢科学士・姿勢調整師にご相談ください。

姿勢の良くなる講演会・講座

幼稚園・小中学校・企業・サークル等
各団体での姿勢講座はこちら
企業向けの姿勢講座はこちら
「働く人の姿勢講座」

姿勢科学にご興味のある方へ

3分で読めるA4PDF
姿勢科学・姿勢検定ってなに?
働きながら学べる最先端の予防医学
姿勢科学ディプロマコース(2年制)(大阪観光大学)はこちら
姿勢を良くする手技療法の専門家
全国姿勢調整師会のHPはこちら
いつもの習慣があなたを壊す 姿勢の知識をチェック
今だけ姿勢検定5級無料WEB受験!!詳しくはこちら