薬を塗る前に考えたい体のSOS

みなさんこんにちは。

姿勢を良くする専門家

「姿勢科学士®️」喜多 英です。

スミマセン。

お見苦しくてすみません。

ヘルペスができて新たな発見しました。

 

かなり治ってきたヘルペス

確か、1週間前ぐらいに口の周りにできたヘルペス。

ついに治ってきました。

朝目覚めるとなんか痒い!

鏡で見てみるとあぁやっぱり。

ヘルペスが出てました。

まぁ私は小さい時からヘルペス出てましたし、前は唇の端っこにできて食べると痛かったので最近の位置は全然支障なしです。

 

最近ではもうすっかり治ってきました。

 

薬を塗るべきか・・・

結論から今回薬は塗ってません。

一応持ってますが、使いませんでした。

その理由とは

「薬を塗ったら、治ってしまうこと」

正確には、ヘルペスが表面に出てくるということは、体の免疫力等が弱っていることが考えられます。

つまり体力が弱ってますよというサインです。

つまり体力をつけたり、休むことをしないといけないサインでもあります。

 

薬を塗るとヘルペスは表面上消えますが、体の免疫力が元に戻ったわけではないんでないか?と考えたからです。

 

まぁよっぽどひどくなったら有無を言わさず薬も塗ると思いますが、今回ぐらいなら全く問題ありません。実験です。

 

ヘルペスは体の黄色信号

私の技術の師匠の書いた本に「痛みは体のSOS」があります。

私もヘルペスが出た時は、自分ルールを作っています。

具体的には

  • ご予約以外の仕事は切り上げて早く帰る。
  • 野菜スープなど消化に優しいものを食べる。
  • 8時間以上眠るようにする。

もう寝まくります。笑

 

こうして体力が回復してくればまた体も復活してくれると考えています。

ヘルペス(結果)だけをみると体力の低下(原因)に気づきません。

また体力の低下(原因)の元になっているのは生活習慣(原因の原因)だと考えます。

 

痛みだけを取り除く治療ではなく、一生涯を楽しめるやりたいことができる体づくりをこれからもしていきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

姿勢を良くする専門家「姿勢科学士®️」喜多 英

姿勢の良くなる講演会・講座

詳細はまずこちらをクリック↓

プロの姿勢調整を体験したい方へ

詳細はまずこちらをクリック↓

姿勢科学にご興味のある方へ

3分で読めるA4PDF
姿勢科学・姿勢検定ってなに?
働きながら学べる最先端の予防医学
姿勢科学ディプロマコース(2年制)(大阪観光大学)はこちら
姿勢を良くする手技療法の専門家
全国姿勢調整師会のHPはこちら
いつもの習慣があなたを壊す 姿勢の知識をチェック
今だけ姿勢検定5級無料WEB受験!!詳しくはこちら