兵庫県立姫路東高校in2019年10月26日【姿勢教室】

みなさんこんにちは。

姿勢を良くする専門家

「姿勢科学士®️」喜多 英です。

すごく綺麗な100周年記念で建てられたホールで講演させていただきました。

事前打合せからお世話になりました役員、先生の方々ありがとうございます。

 

セルフケアを伝えたい!

治療をしていて思うことがあります。

治してもまた同じ状態になる場合が多いということです。

もちろん、治療自体が対処療法的であればそれは仕方ないとも思いますが今回は別のケースです。

 

なぜ体は痛みを感じるのか?

体を守る正常な反応なわけです。

もし痛みを感じなかったら、身体の異常にどうやって気づきますか?

気づいたら、動けなくなって死んでたらどうでしょうか?

 

その痛みを一時的に消すだけでは惜しいですね。

警報機のスイッチを切ったところで問題は消えません。

では問題の根本はどこなのか?

私は姿勢です!

とお答えしていますが、根本の根本は生活習慣にあります。

だから効果的なセルフケアを行えるかどうか?が重要になることがわかりますでしょうか?

 

実は多くの批判もありました・・・

誰とは言いませんが、セルフケアを講演会でお伝えすることで批判もありました。

それは、私が治療家であり、治療家業界にいることからです。

もっとも大きな批判の理由は、

「セルフケアを教えたら治療に来なくなる」

というもので、それに付随して

「専門学校や大学で学んでいることを無料で教えたら困る」

 

私自身の批判は問題ないのですが、私がセルフケアを教えることで、同じ地域の先生方に負担がかかるのは嫌でした。

 

ただ最近は、全く気にしなくなりまして。。。笑

もう自分の良いと思ったことをしよう!

ということに落ち着きました。

 

困っている人の力になりたい!

人を助けたいとか救いたいとか大袈裟なことではなく。

自分自身困った時に声をかけてもらうだけでも嬉しかった経験があります。

「こんな方法もあるよ〜」

ぐらいでも伝えていきたいのです。

これは経験上ですが、人間本当に困っている時というのは外に目が向きません。

人に聞けばいいのに、人に関わること自体を嫌がるケースがあったりします。

そしてドツボにハマっていくことがあります。(私はそうでした)

 

兵庫県立高校に初進出!

今まで、幼稚園、小中学校はお世話になりましたが、高校はこれが初です。

実は、こどもの姿勢で一番気になるのは高校生です。

体も大きくなり、部活も激しさを増すことで不調を訴える人が多いからです。

 

幼稚園や小学校だとよほどスポーツをしている子でない限り、自分の姿勢に興味がありません。だって不調がありませんから。

しかし、中学生、高校生と進むにつれて大人と同じように姿勢悪化の影響が出始め体の不調に気づきます。

 

今回兵庫県立高校とご縁ができたことで、高校生への講演会等へつなげていきます。

一人一人がやりたいことができる体づくりのできる環境を大人が整えられたらと微力ながら感じ、行動していきます!

あ、今回はお花まで頂戴しました。

役員の皆様方の素晴らしい対応に感動しました!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

姿勢を良くする専門家「姿勢科学士®️」喜多 英

姿勢の良くなる講演会・講座
詳細はまずこちらをクリック↓
プロの姿勢調整を体験したい方へ
詳細はまずこちらをクリック↓

3分で読めるA4PDF
姿勢科学・姿勢検定ってなに?
働きながら学べる最先端の予防医学
姿勢科学ディプロマコース(2年制)(大阪観光大学)はこちら
姿勢を良くする手技療法の専門家
全国姿勢調整師会のHPはこちら
いつもの習慣があなたを壊す 姿勢の知識をチェック
今だけ姿勢検定5級無料WEB受験!!詳しくはこちら