【病院や治療院の賢い選び方】#4不調の前の姿勢ケア

gyokaichishiki

トータルボディケア

Refine(リファイン)です。

 

前回、圧倒的に多い④慢性であり軽症の方への対処法が少ないことを説明しました。

今回は【病院・治療院の賢い選び方】#4不調の前の姿勢ケアについて解説します。

著者についての詳細
治療のいらない体づくりを目指すには姿勢の改善が不可欠と考えている歴12年のセラピストです。こどもの姿勢に関して2014年より「こどものための姿勢教室」として学校への講演会を100回以上開催し、各メディア(神戸新聞・朝日新聞・産経新聞)へも掲載。専門的すぎずに広く浅くでも全体を理解しやすいような情報提供を行っている。本内容はあくまでも個人の見解であり、読み物としてご覧いただく目的で作成されており、医学的根拠に基づくものではないことをご了承願います。

不調の原因となる悪い姿勢の例

よくある姿勢として

  • ねこ背タイプ
  • 反り腰タイプ

細かく見ていくと

  • 頭部前方タイプ
  • 骨盤前方タイプ
  • 左右差タイプ
  • 回旋タイプ

など異常のある部位やゆがみの種類により、分類していくことができます。

セルフケアを行う場合は、細かいことは言ってもできないケースが多いのでざっくりとした内容を指導します。

ねこ背を改善するセルフケア

まず姿勢の悪い代表例がねこ背です。

ねこ背の原因は大きく分けると

  • 頭が前に突き出ている
  • まき肩である
  • 背中のカーブが強い
  • 腰のカーブが少ない
  • 仙骨という骨盤の骨が後ろに倒れている

今回はこの巻き型を解消するセルフケアをお伝えします。

基本中の基本【胸のストレッチ】

皆さんマッサージなどで背中や肩周りを緩めてもらうことはあっても、胸を緩めてもらうことはないのでは・・・?

 

実はねこ背対策で必要なのは背中や方ではなく、胸のストレッチです。

やり方は簡単ですが、効果を実感するために最初にあることを行ってください。

それは今の肩周りの具合を確かめておくことで、ストレッチが終わった後に軽くなったという実感が得られます。この軽くなったという心理的な感覚が継続していくことに非常に大切になってきます。

 

⓪まっすぐに立って両手を耳につくところまで上にあげて、下ろす。この時の肩周りの重さなどを覚えておいてください。

 

①腕を目の前で閉じる。肩周りが硬く肘がつかなくても構いません。無理なく近づくところにセットしてください。

 

②腕を後ろに引きながら胸を開きます。この時に腕の付け根、胸のあたりに伸ばされている実感があるところまで開きます。痛みを感じるところまでやる必要はなく、無理のない範囲でやりましょう。

 

上記を約10回ほど繰り返し、最初にした⓪で肩周りの重さを比べてみてください。

プロによる姿勢ケアのすすめ

施術イメージ

姿勢が悪く、痛みなどの不調もあるという場合、プロによる姿勢ケアをお勧めしています。

その理由として

  1. 自分の不調の原因が自分で判断しにくい
  2. 自分に合うセルフケア方法がわかりにくい
  3. 最初が一番労力がかかる

ということがあげられます。

 

自分の癖やタイプが判別できるだけでも、有効なセルフケアを行える確率は高くなります。

もしあなたが、健康を目的とした姿勢改善を行うならばトータルボディケアRefine(リファイン)へお任せください。

 

自分に合うかどうか心配という方に施術(1回5,500円)の体験をお勧めしています。

まずは体験(1回3,000円)からはじめてください。

電話もしくはHP問合せ・LINE・Facebook・ Instagram等メッセージから体験希望とお申込みください。後日担当者より日程調整のためご連絡します。

おわりに・・・

いかがだったでしょうか?

このシリーズでは、不調を抱えたときに知っておきたい内容をお伝えしてきました。

不調を抱えたときに相談できるところとしてトータルボディケアRefine(リファイン)は姿勢ケアについて全力でサポートしております。

また質問についても受付しており、知りたいことがあればお気軽にお問合せください。

 

 

【病院・治療院の賢い選び方】#1重症度を見極める原因別4分類

【病院・治療院の賢い選び方】#2病院・治療院の専門性

【病院・治療院の賢い選び方】#3私たちの不調に対応するのは?

【病院・治療院の賢い選び方】#4不調の前の姿勢ケア

コメント

タイトルとURLをコピーしました